歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。

何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。
ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば人工歯根を骨に埋め込むことによって残った歯と同じような使用感があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。
インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療費が高額になることは問題点です。
今流行りのインプラント。
一度埋め込めばその効果はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。
ろくに歯磨きもしないでいると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。
また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、それだけインプラントの使用可能年数が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。
がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終わるとその状態を保たなければならず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。
食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールは欠かせませんし、定期的な検診を欠かさず継続することが必須条件です。
人工物のインプラントでも、ケアが行き届かなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。
インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に出会おうとすれば、どこの国までも治療を受けに行くというのもありえます。
インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。
寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、そう簡単に断念せず、できる限りの情報を手に入れることに努めましょう。
インプラント手術の未経験者にとって術中の痛みが怖いと思います。
今では、どこで手術を受けても痛さを心配する必要はありません。
手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術の本番に入るためです。
術後、腫れがでるのに伴って痛くなってくることもあります。
痛みに備えて、頓服薬を処方されるので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはめったにありません。
一見したところ、自分の歯と同じくらい自然な印象を与えるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればいかにも義歯だと思われることはいちいち考えなくて良くなります。
自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはおすすめしたい治療法です。
代表的なインプラント適用のケースは、失った歯だけの治療で済ませたいと、患者が考えている場合です。
ブリッジ治療で考えると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。
これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯のみに働きかける治療と言えます。
両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという要望がある場合、インプラント治療を考えた方が良いですね。
典型的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。
最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。
あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのが大まかなプロセスです。
長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。
このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、おおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。
初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。
まず、差し歯というのは、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。
なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、埋め込む所がないので使えません。
対して、インプラントは差し歯と異なり、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。
自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。
今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。
骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーも起こりにくいとされています。
治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療を始めるのが普通ですから患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。
そして、治療終了後のメンテナンスを継続することによってより快適に、長期間使えるようになるのです。
参考:歯を白くする方法 歯磨き